健康のためにはまず運動

健康のために出来る事。食生活に気を付ける事、そして運動です。運動はどの年代の方にも必ず必要な事です。

例えばお年寄りの方が日常生活で気を付けなければいけないことに一つに転ばない事があります。お年寄りがもし、転んだことによって骨でも折ってしまって寝たきりになったらそれは、生死にかかわることでもあります。体を動かしているからこそ内臓の筋肉も正しく動くのです。ですからもし寝たきりになって自分の身の回りの事さえも自分で出来なくなってしまったら…。筋肉はどんどん痩せていき、何か月か後には歩けなくなる可能性もあります。動くことによって人間の健康的な毎日の生活は保たれているわけです。ですからお年寄りの方がたとえ歩けなくなったとしても、出来る範囲でリハビリとして運動をする事が推奨されます。

 

話は戻りますが、健康のための運動は日常的に毎日続けられるものが良いでしょう。例えばウォーキングです。すべての運動の基本はウォーキングです。歩くことが人間の毎日の生活を支えている、といっても過言ではない。歩くことは健康な人なら毎日必ずすること。ですから何か運動を…とお思いの方でしたらまずウォーキングから始めましょう。これから季節も暖かくなるころですし、綺麗な花や新鮮な空気を吸いながらのウォーキングは気持ちの良いものです。毎日歩こうと思うのでしたら、いつもより20分程度余計に歩くと良いでしょう。20分というとかなりの距離を歩くことが出来ます。ですからいつもより長めに歩くのが良いですね。今の時期は地域によっては「ハイキングに行こう」、といったイベントが行われているところもあります。仲の良い友達を誘ってゆったりとウォーキングを楽しむのも良いでしょう。

 

歩く時はおなかを意識して猫背にならないようにしましょう。姿勢が悪いとせっかくのウォーキングも台無しですから。またワンランク上のエクササイズをしたいのなら、何でもいいのですが、長く続けられるものをするべきです。それは一つの種類の運動でなくともいくつかの運動をするのも良いですね。例えば月に2回はウォーキングであと2回はテニスをする、というのも良いですね。飽きないように、友達を誘って一緒に運動するのも良いですね。大切なのは運動を日常的に、また長期的に続ける、という事です。