健康のために必要な栄養素をしっかりとる

「ぺスペリジン」ってご存知ですか?聞きなれない名前だと思います、正直なところ。

こちらはビタミンPとして紹介されることもあるそうです。ですが、厳密に言うとぺスペリジン=ビタミンPではありません。ビタミンPはぺスペリジンとルチン(毛細血管を丈夫にし、脳出血などの治療や予防に使われいます)の混合物として考えられていて、実際のとことは独立したビタミンとしては考えられていません。ですから私の耳に聞きなれない言葉なのですね。

 

でもこのぺスペリジンっていったいどんな働きをするのでしょうか。これは毛細血管の浸透性を増大する働きがあり明日。つまり簡単に言うと血の流れを考えた時、ぺスペリジンが血行を良くする働きがあるという事です。血の巡りが良くなると、体の各部に酸素や新鮮なビタミンなどが行くようになり健康的な効果を期待できますよね。血の巡りが悪いことで起こる病気って結構ありますよね。簡単なところで、小さい頃の良くできた「しもやけ」などもそうですし、ひどいと凍傷のようになって足を切断しなければいけないような事態になることもあります。そして、血の巡りが悪いと、その部分の動きが悪くなり病気になることもあります。脳に酸素がいなくなると脳死になりますし…。「血の巡りが悪い」とは簡単に言えますが、それが重大な命にかかわることにつながることも、ままあることなのです。そんなへスペリジンの摂取豊富、今どきの人はサプリメントからでも取ることが出来ますよ。詳しくはまずこちらを読んでから!ヘスペリジンサプリ研究室

 

自然界でのへスペリジンはミカンの皮やレモンに良く含まれます。柑橘系の果物に多いのですね。

そういえばアロマテラピーでもミカンなどの柑橘系の臭いは脳の活性化や元気になる効果が期待されるとしますよね。その効果の元はあの柑橘系の臭いだ、と思われるかもしれませんが、実はにおいの成分にへスペリジンが含まれているせいかもしれませんね。化学的な事は難しいかもしれませんが、でもとりあえず血行を良くしたいと思われる方がいましたらへスペリジンのサプリメントを試してくださいね!